お役立ち情報

薄毛と乾燥の関係性について調べてみました。

投稿日:

頭皮の乾燥と薄毛の関係

頭皮の乾燥を放置しておくと、薄毛になる可能性があるのを知っていますか?

頭皮の乾燥とはどういう症状なのかというと、

頭皮がかゆい」「フケが出る」「頭皮がつっぱる」「髪を染める時にしみる」といった症状が1つでもある人は乾燥の恐れがあります。

特に冬場の頭皮の乾燥は、肌の乾燥と同じように1年の中で、とてもひどいことで知られています。

頭皮の乾燥は放っておくと薄毛を引き起こす原因になってしまいます。

では、なぜ?頭皮の乾燥を放っておいてはダメなのか?

頭皮が乾燥しているのは、頭皮の皮脂が極端に少ないからです。

頭皮には適度な皮脂が絶対に必要なのです。

皮脂には汚くて悪いイメージが付きまといます。しかし、これは大きな勘違い!!

もちろん皮脂の過剰な分泌は薄毛の原因になります。

結局のところ、多すぎても少なすぎても、頭皮にとってはよくありません。

基本的に頭皮の乾燥は、頭皮の血行が悪い証拠です。

血液には毛髪には重要な酸素と栄養分を運ぶ働きがあり、頭皮の血行は強い毛髪を育てるために必要不可欠です。

頭皮が乾燥すると雑菌や刺激からのバリア機能が弱くなり、頭皮がかゆくなったりして掻きむしることで頭皮に傷が付いたり、

雑菌が発生したりすると、「頭皮環境」が悪くなるため、薄毛に繋がってしまいます。

ではどうしたら乾燥を防ぐことができるのか?

 

髪の洗い方やシャンプーに気を付けるのもよいでしょう。

洗い方は、よく掌で泡立ててから頭皮に傷が付かないように優しく洗ってください。

お湯の温度は38度で一日一回が理想とされています。

頭皮が乾燥が気になる方は、刺激が少ない“アミノ酸系”が良いようです。

 

薄毛対策には、「頭皮環境」を整えることが重要です。!!

 

 

 

 

-お役立ち情報

Copyright© ランブットは効果なし? 美容師に「ハゲ」と言われた漢の口コミと体験談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.