ランブット 効果

ランブットに入っているノニって何?詳しく調べました

更新日:

ランブットは2017年9月に販売したスカルプケアブランドであり、2019年には累計出荷本数が30,000本を突破するなど、多くの利用者から支持されているスカルプケアアイテムなのです。

ランブットが支持されている理由の一つに、従来のスカルプケア製品に配合されている成分をあえて使用せず、独自の研究から頭皮に全く異なるアプローチが行える「ノニ」を主成分として配合されている点にあります。

そのノニについてご説明いたします。

ランブットのノニにとは?

一般的にはスカルプケアを行う際には、毎日、洗髪後に育毛剤などを使用する頻度が多かったのに対して、

ランブットは週2回だけ洗髪後に塗布するだけでいいので、使用頻度が少なく手軽に続けることが出来るメリットを持っています。

ランブットに配合されているノニは、140種類の栄養が詰まっている成分です。

元々は東南アジアや太平洋諸島に生育している常緑小高木になる果実であり、

現地では果実の他に根や葉なども食用で利用されている特徴を持っています。

このノニが注目されている理由として、みかんの約5倍のビタミンCが含まれている他に、

アミノ酸ミネラルポリフェノールといった体に良いとされる栄養素がぎゅっと含まれているのです。

そのため、海外ではノニ自体を健康食品や薬としても利用されているなど、「奇跡のハーブ」として注目されている成分です。

実際に、インドネシアではこの成分を数百年前から髪の健康維持のために利用してきた歴史があり、

直接成分を頭皮に塗ってケアを行うことで、薄毛で悩む人がほとんどいないほどです。

このインドネシアの頭皮ケアの習慣に目をつけたのがランブットであり、

ノニ由来成分を主成分として配合したスカルプケアシリーズは、発売と共に多くの利用者から高い効果や、

利用しやすさが支持されて人気のアイテムとなっています。

ノニ研究の第一人者である西垣敏明氏が全面監修をしており、原産地にこだわった成分を配合することで、

頭皮に栄養素が浸透することで確実な頭皮環境の改善を期待できます。

洗髪後に頭皮に直接塗布して浸透させるためにも、配合している成分の原産地にはこだわっており、

品質の高いインドネシア・ジャワ産のノニだけを利用しており、更にこの育毛成分が頭皮に浸透しやすいように、

ホホバオイルを配合することで角質層まで成分が浸透しやすいようになっています。

植物由来成分をふんだんに使用しているため、独特の匂いがありますが高い効果が期待出来るとして利用する方は増えてきているのです。

 

ノニ以外の情報を知りたいのならランブットまで

-ランブット 効果

Copyright© ランブットは効果なし? 美容師に「ハゲ」と言われた漢の口コミと体験談 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.