お役立ち情報

男性ホルモンと薄毛の関係

更新日:

男性ホルモンは睾丸や副腎等で作られていて、構成している物質の大半がテストステロンです。

テストステロンには筋肉を発達させたり体毛を増やしたり、性欲を高める作用があります。また、皮脂分泌を促すホルモンでもあり、男性らしい体つきにしてくれます。
男性らしさを作るために重要ですが、髪の毛への作用の仕方は脱毛薄毛を促す物質です。ですからAGAの人にとってはこのテストステロンの働きがとても重要であり、既にAGAの症状がはっきりと出ている人達は値が高い傾向にあります。
詳しく見ていくと、髪の毛の根元にある毛乳頭には受容体があり、生成されて運ばれてきたホルモンによって発毛や脱毛の指令を出しています。テストステロンは頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素と結合すると、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化し、このジヒドロテストステロンが毛乳頭の受容体に結合して脱毛の指令が出される仕組みです。ジヒドロテストステロン自体は誰にでもありますので、存在するからといって薄毛になるわけではありません。ただし、量が多かったり作用が強い人は脱毛の命令がたくさん出されますので、薄毛になりやすい状態です。

脱毛の指令が強まることで、軟毛化も起こります。通常のサイクルでは成長期・退行期・休止期が2~6年の周期になっていて、このサイクルの中で太く丈夫に育ちます。しかし、男性ホルモンの作用を強く受けると脱毛の指令が増えて、細くて短いままで抜けてしまうのが大きな問題です。太くて長い髪の毛は徐々に減っていき、成長し切っていない柔らかいものが増えます。
皮脂の分泌が増えると毛穴が詰まって、頭皮のコンディションが低下します。コンディションの低下はAGAを悪化させる要因になりますので、まずは頭皮環境を整えるケアを始めなければなりません。シャンプーでは毛穴詰まりをしっかりと解消し、マッサージをして血行を促進することもお勧めです。頭皮環境が改善されるとヘアサイクルが正常な状態に戻り、薄毛の進行を食い止めることができます。
整えるための対策では、食生活も需要な要素です。緑黄色野菜やレバー、豚肉等に含まれているビタミンには血流を促進させたり頭皮環境を整える作用があり、逆に糖分は状態の悪化につながります。糖分が問題になるのは、皮脂が過剰に分泌されて、脂による影響を受けるからです。血行に関しては、リラックスしたり軽い運動を取り入れることでも促進できます。

筋トレをして、筋肉を増やすと同時に男性ホルモンでハゲるという説がありますが、逆に筋トレをすると、血行が良くなり髪や肌にハリやツヤが出たという話もあります。結論、筋トレをするとハゲるというのはただの噂みたいですね!なんでもバランスが重要です。

-お役立ち情報

Copyright© ランブットは効果なし? 美容師に「ハゲ」と言われた漢の口コミと体験談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.